xinhua 有限会社馨華 トップへ
中国伝統十大名茶 中国名茶 緑色・有機食品 中国茶器 中国茶事始め お問い合せ 会社概要
中国茶・中国茶器販売「馨華SHOP」
中国茶事始め 中国茶事始め 中国茶事始め
中国茶事始め
    中国茶の歴史
中国茶の生産地
中国茶の分類
中国茶の成分と効能
茶道具
中国茶のいれ方
・グラスで淹れる
・蓋碗で淹れる
・茶壷で淹れる
・アイスを淹れる
中国茶でおもてなし

 

 
茶壷で淹れる中国茶
茶壷は見た目が愛らしく、中国茶の象徴とも言えますが、淹れ方は一見難しそう。でも基本的には日本の急須と同じ要領で大丈夫です。異なる点は、茶壷がとても保温性があるため、温度の高いお湯が適したお茶にオススメであるということ、お湯を注いだ後、茶壷自体にもお湯を注ぎさらに温めるという作法があることです。
陶器でできた茶壷は、茶の香りを吸い込む性質があるため、使えば使う程ツヤと香りが出て更に美味しいお茶が愉しめます。これを、「茶壷を育てる」と言いますが、是非、お気に入りの茶壷でお茶を愉しんでください。そして、育ててみて下さい。
【オススメのお茶】 青茶 ・黒茶
【用意するもの】
・茶壷
・茶杯(人数分)
・茶海
・茶こし(あれば)
・茶葉(5〜7g)
・熱湯
茶壷で中国茶をいれる
 
茶壷の入れ方1 茶壷の入れ方2 茶壷の入れ方3
1)茶壷に熱湯を注ぎ、温める。 2)1のお湯を今度は茶海に注ぎ入れ、温める。 3)2のお湯を最後に茶杯に移し入れ茶器を全て温める。
 
茶壷の入れ方1 茶壷の入れ方2 茶壷の入れ方3
1)茶壷に茶葉を入れる。 2)茶壷から離して高い位置からお湯を勢いよく注ぐ。茶葉があふれ出るくらいまでたっぷりと。
(この時、ふちに出た泡やアクを蓋でなぞるように取り除きます)
3)蓋をした茶壷の上から熱湯を注ぎ、茶壷を温める。(茶壷が熱い程、お茶の香り
 
茶壷の入れ方4
7)茶海に茶こしをのせ、茶壷からお茶を注ぐ。注ぐ位置は低く。(茶海に一旦注ぎきることで濃さが均等になります) 8)茶海から人数分の茶杯に注いで出来上がり。
>>グラスでいれる >>蓋碗で入れる >>茶壷で入れる
Copyright (c) 2006. xin-hua All Rights Reserved.