xinhua 有限会社馨華 トップへ
中国伝統十大名茶 中国名茶 緑色・有機食品 中国茶器 中国茶事始め お問い合せ 会社概要
中国茶・中国茶器販売「馨華SHOP」
中国茶器 中国茶器 中国茶器
中国茶器
    中国茶器〜ガラス茶器
中国茶器〜陶器
中国茶器〜磁器
 
本物の茶の色、香り、味を引き出すことができる茶器は、紫砂茶器が最高である
紫砂茶器の魅力
中国茶器〜紫砂茶器
江蘇省宜興(ぎこう)市丁蜀鎮に紫紺色の特殊な澄泥陶があり、これで作られた器具を「紫砂(しさ)器」と呼ばれています。紫砂茶器は宋代から明・清時代に盛んになり、「茶の本当の色、香り、味を引き出すことができる茶器は紫砂茶器が最高である」と称され、現代も高い評価を得ています。馨華の陶器も宜興の紫砂茶器です。ここで、紫砂茶器の特徴と魅力を御紹介いたします。
中国茶器〜紫砂茶器 ■紫砂茶器の特徴ー「気孔」
紫砂茶器には目には見えませんが、細かい気泡があり、これを「気孔」と呼びます。この気孔には2%以下のほどよい吸水率があるので、紫砂茶器でお茶を淹れると、色、香り、味がまろやかになり、美味しさをさらに引き出してくれます。
■悪い成分を取り除く「気孔」
紫砂茶壷を使ったお茶は、日数をおいても変質しません。一方、磁器や他の陶器を使用した場合では色や香り、成分が変質してしまいます。これは、お茶の悪い成分(渋味など)を吸収する紫砂茶器の「気孔」の特徴の一つと言えます。
■高い保温性をもつ紫砂茶器
紫砂は泥分子の配列が鱗状なので、熱の伝導性が低く、そのため保温性に大変優れています。紫砂茶器は熱いお湯で淹れると美味しさが増す「青茶」に最も適した茶器と言えます。また、熱湯を注ぐことで破損する心配もありません。
■紫砂茶器は育つ
「気孔」により、お茶の香りを吸い込むため、長年使い込んだ茶壷はお湯を注いだだけでもそのお茶の香りが感じられます。その茶壷でお茶を淹れると、香り・味はさらに引出され、極上の味に仕上がるのです。「茶壷を育てる」喜びもまた紫砂茶器の魅力です。そのため、中国茶の種類別に茶器をもつことをおすすめします。
馨華の紫砂茶器〜陶器
□中国国家級紫砂大師、呂尭臣の作品が、初日本上陸
中国政府が認めた「紫砂大師」の中でも最高の地位とされる『国家級紫砂大師』のひとり、呂尭臣の作品です。手作りの作品は今や中国国内でも入手困難な状態です。
弊社はその呂尭臣の作品を取り扱う日本初の代理店です。
⇒呂尭臣の作品を見る
中国茶器作家
 
□紫砂茶器セット
中国茶をもっと身近に気軽に愉しんでいただける様「陶器セット」をご用意致しました。
⇒紫砂茶器セットを見る
中国茶器セット
Copyright (c) 2004. xin-hua All Rights Reserved.